Hitomi SK-031

Hitomi SK-031

”Hitomi SK-031” FHD1500 コンパクトなNON LCDドライブレコーダー

前▪後方2カメラ FULL HD録画
コンパクトなNON LCDドライブレコーダー

◆ Full HD画質(200万画素)鮮明な映像

▪前方 FHD(1920*1080p) 後方 FHD(1920*1080p)で鮮明な記録
▪カメラセンサー 前方:SONY STARVIS IMX291, 後方:SOIF 22
近赤外領域の感度向上、 高感度特性のSTARVIS IMX291搭載.

◆ HDR(ハイダイナミックレンジ)搭載

白とびや黒つぶれを抑え、より鮮明な映像を記録
日中天気のよい時の逆光下や明暗差が大きいトンネルの出入り口、
また夜間の撮影時に生じる黒つぶれや白とびを抑え、より明瞭な映像を記録します。

◆ 内蔵型 WiFi、外付け型 GPS(オプション)搭載

スマートフォンと専用ビューアーで映像記録確認及び運行情報確認可能。


【スマートフォン用】専用アプリ
【専用ビューアー】専用のパソコン用ソフトで確認

◆ Windows Media Playerで再生
Windows7、8または10搭載パソコンなら、専用ビューアソフトを利用せず、標準付属のWindows Media Playerで再生できます。

◆ 安心データ保存のためのLoop Recording Systemでフォーマット不要。

▪電源遮断状況になっても電源遮断直前のデータを安全保存。
▪Super Capacitor使用。

◆ SDカード2分割保存方式

▪衝撃時などのイベント録画を、更に安全に保存するためSDカード2分割保存方式を採用することによって保存空間を確保し、常時録画も安全に行えます。

◆ LED式信号機対応

▪東日本・西日本それぞれの周波数に対応しています。

◆ 音声記録、 音声出力

▪映像とあわせて音声も記録出来ます。(ON/OFF可能)
▪スピーカー使用可能(最大0.5W、8ohm)

◆ 地デジノイズ対策済

▪地デジやカーナビ等に影響を最小限抑えるノイズ低減設計。

◆ 常時録画

▪走行時の録画は、車両のエンジンON/OFFに連動して自動的に記録を開始/ 終了します。
▪SD カードの容量が上限に達した場合は、古い映像に上書きします。
▪上書きをしない設定も可能です。

◆ イベント録画

Gセンサー(加速度センサー)により、衝撃を検知すると、事故前後の一定時間の映像を上書きされないよう専用フォルダに保存することができます。センサー感度は好みに応じて0.1G段階で感度設定ができるので、不要な記録保存を防げます。常時録画中に記録ボタンを押して、専用フォルダに保存することもできます。

◆ 駐車監視録画

駐車中、振動や動体を検知した場合に、検知した時点から前20秒・後10秒の映像を自動録画して、駐車監視録画ファイルとして保存。

◆ バッテリー上がり防止機能

▪車のバッテリー上がりを防ぐための機能です。
▪設定した電圧値よりバッテリーの電圧が下回った場合、本機の電源をオフにします。

◆ ”Hitomi SK-031” FHD1500 各部分の名称及びセット内容

▪各部分の名称

▪セット内容

”Hitomi SK-031” FHD1500仕様

タイプ 前後方分離 NON LCD
カメラセンサー 前方:SONY IMX291 後方:SOIF 22
解像度 前方: FHD(1920*1080p) 後方: FHD(1920*1080p)
フレーム 前方:27.5~30(fps).  後方:27.5~30(fps) 調整可能
撮影画角 前方: 140°.   後方: 110° (360回転可能)
出力装置 TFT LCD 2.4”
WiFi. GPS WiFi, 内蔵型/ Moible Web連動可能
外装 GPS(オプション)
Google Webと連動して位置及び速度確認
Gセンサー 内蔵形14BIT 3軸(X,Y,Z軸)加速度センサー
衝撃、急ブレーキ、急発進、急回転などの検出
ストレージ Micro SDカード 4G~128G(選択可能)
音声録音 高感度マイクロフォン内蔵/PCM COMPRESSION
音声出力 スピーカー使用可能(最大0.5W、8ohm)
録画方法 常時録画、イベント録画、 駐車録画
電源 定格電圧: DC 12V / 24V
低電圧遮断 時間及び電圧設定可能/ 駐車監視中バッテリー上がり防止
温度範囲 保存:摂氏 -15度~80度  動作:摂氏 -10度~65度
KC認証 R-R-FBO-FHD1500